はなくそブログ

中卒のおっさん(はなくそ)なのに約半年で慶應義塾大学SFC一般入試合格に挑戦することになりました。よろしくお願いします!

視点

こんばんは!

はなくそです!

 

 

最近

どうしたらねこに好きになってもらえるか?

という話題になりました。

それについて少し考えてみました。

 

1番大切なのは

しっかりと目の前のねこを見てあげる

ことだと思います。

 

ぼくは割とねこに好かれます。

それは

ねこがどう考えてるかをけっこうきちんと考えてるから

じゃないかなって思います。

自分がねこをどう思ってるかじゃなくて

ねこがぼくをどう思ってるか

です。

じーーっと真剣に見てるとけっこう色々見えてきます。

 

 

なぜ、

しっかりと見てあげることが大切かというと

ねこの気持ちをわかってあげることができるからです。

わかってあげれば、

嬉しいことをしてあげられたり、

嫌なことをしないであげられるから

です。

これって簡単なように見えて意外と難しいんじゃないかなって思います。

言い換えると、

ねこの気持ちをわかってないと

喜ぶことをしてあげられなかったり、

嫌がることをしてしまうことになります。

自分としてはそのつもりがなくてもです。

 

 

ねこはとても小さくて弱い存在です。

だから色んなことが怖いです。

人間に踏まれるだけでも大ケガをすることもあります。

こどもにいじめられるかもわかりません。

このように

身の回りには危険がいっぱいです。

 

 

どれくらい小さい存在なのかは

ねこの視点に合わせて何かを見てみると

すごくよくわかります。

寝そべって視点を低く低くします。

そうすると

ねこの世界はこんな風になってるんだ

ってわかると思います。

 

 

こんなに小さくて弱いのに、

ドンドン足音を立てて歩く人が近づいてきたら怖くないわけありません。

大声を出して子どもが走って近づいてきたら怖いに決まってます。

 

やっぱり怖い人を好きになるのって難しいと思います。

というか好き嫌い以前に危ないんです。

 

 

ぼくは観察が好きです。

今こいつはどうやって考えてるんだろう?

って考えるのが好きなんです。

本当にちゃんとちゃんとちゃんと見てると色々わかってきます。

ねこはたくさんのうごきをします。

そして、

そのうごきの中でも小さな小さなうごきがたくさんあります。

めちゃくちゃ小さな物音でもねこの耳は動きます。

本当にかすかな匂いでも鼻をクンクンします。

人間にとっては小さなことでもねこにとっては大きなことがたくさんあります。

 大切なのは

ぼくにとってどうかではなくてねこにとってどうか

です。

   

 

 

 

 

 

 

ぼくもこれから

何かを読むときは書いた人の気持ちを、

問題を解くときは問題を作った人こ気持ちを考えていこうと思います。

 

 

はなくそ