はなくそブログ

中卒のおっさん(はなくそ)なのに約半年で慶應義塾大学SFC一般入試合格に挑戦して失敗して悩んでます

スタンフォードの「英語ができる自分」になる教室

こんばんは!

はなくそです!

 

 

お気に入りの

スタンフォードの「英語ができる自分」になる教室

です。


f:id:ponkotu1:20170829144011j:image

 

 

ぼくは英語学習でずっと困ってることがありました。

それは

意味に価値を感じない英文に触れるのが辛い

です。

日本語でも英語でも言葉には意味があります。

その意味を表現するために言葉があるんだと思います。

やっぱり

意味が大切

なんだと思います。 

その意味を理解するために

様々な技術を学ぶ必要があります。

技術を習得するために何度も繰り返すのですが、

繰り返せば繰り返した分だけ、

意味に価値を感じない文に触れるのが悲しくなってました。

日本語だったら読めない文章は英語だったらなおさら読めないです。

意味に価値のある英文で英文の仕組みを理解したいなってずっとずっと思ってました。

 

 

 

だから、

繰り返して自分の体に叩き込みたくなるような内容の本を探してました。

そのときにこの本を発見しました。

  

ケリー先生はすごく有名な方みたいです。

TED にも出てました。

興味があったのでTEDも見たのですが

今のぼくでは理解できませんでした。

そして、

難しい英語も読めないのでこの本を読んでみることにしました。

この本は短いインタビューをまとめてあるだけなのでそんなに難しくないです。

 

 

今10周くらいしてある程度は頭に入ったので、

毎日2、3セクションを音読してます。

この勉強は自分の中でも楽しい時間で、

この音読でモチベーションがアップします。

なぜかというと

価値のある話しはおもしろい

からです。

 

 

前にも書きましたが英語が暗号解読じゃないってことを

頭じゃなくて心が感じてくれます。

 

 

 

ぼくは

ロボット勉強法が苦手なので

これからも勉強方法の工夫を続けていきたいと思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

はなくそ